スキルウッド工法

森が育てた木の命 住み手が紡ぐ木の心

静かな森の中を歩くと、不思議と心が落ち着き穏やかになり、そして身体に力がみなぎってきます。
森には生命を癒す力が満ちています。

また、森にはたくさんの命が宿っています。
鳥や動物、ミミズや小さな生き物が生活しています。
この大自然の生態系を壊さないで自然と共生しながら森林資源を育て、それを大切に活用していくことが私たちの大きな課題となっています。

森林の伐採を成長量の8割以内におさえる取り組みや「永く住める家」を建てることで木は再生し森が生まれ変わります。
この考えは、当社の家づくりに生きづいています。

「新・匠の業」は森が育てた木の命を上手に活かしているのです。ヤマシタと一緒に環境に優しい住まいづくりを始めてみませんか。

森が育てた木の命 住み手が紡ぐ木の心

新・匠の業がスキルウッド工法に進化しました。

日本古来の社寺や城の天守閣などに、何本もの縦通し木材を鉄のたがや鋲でしめて一本の材とし、 柱や桁に使われた事例が見られます。
これは当社(スキルウッド工法)と同様の特長をもつ工法であるといえます。

「在来木造工法とスキルウッド工法」の比較 金物による保持力

在来木造住宅の品質は、木材の含水率と密接な関係にあるため、製品管理と構造チェックが非常に重要で、大工さんの腕のバラツキに左右されることが大きな問題となります。
当社スキルウッド工法は、このような問題を解決しました。
含水率12%以下のスキルウッド材は、大きな環境変化においても収縮がおきません。 したがって金物との保持力の低下もおきません。

「在来木造工法とスキルウッド工法」の比較 金物による保持力

選び抜かれた健康・安全品質の素材を使用

スキルウッドは、北欧の森で育った、良質のレッドウッド材を使用した構造材です。 これは育成した丸太を約30mmのラミナー(板)に加工して、それを特殊技術により含水率12%以下に乾燥させ、それを積層・成形・接着したオリジナル構造材です。強度はムク材の1.5倍(建築基準法構造計算認定)の強さに匹敵します。
美しさに加えて耐火性にも非常に優れており、欧米では鉄骨構造等と比べて火災保険が安いと言われています。接着には、健康と安全を配慮し天然接着材のレゾルシノール(ノンホルマリン系-強耐火性能)を使用しているので安全です。
特に北欧のレッドウッドにはカルシウム分が日本の木材と比べて数十倍も多く含まれていると言われており、血液中のコレステロールを減少させる「ベータシトスタノール」等も多く含んでいると言われています。 そんな木に包まれて暮らす生活が、いかに価値のあることかがおわかりでしょう。 北欧の木は日本の木に比べ、年輪が安定しており狂いが少なく真っ直ぐに伸びているのが特徴です。
これは傾斜地での日本の林業に比べ90%平地林業が行われ、太陽光を木が均等に受けているからです。
この様な健康・安全品質の材料を使い、いつまでも飽きのこない長持ちする家を造ることが、スキルウッド工法の信念なのです。

選び抜かれた健康・安全品質の素材を使用

含水率と強度の関係

【スキルウッド材の乾燥技術 驚異の12%以下を実現】
在来木造住宅の品質は、木材の含水率と密接な関係にあるため、製品管理と構造チェックが非常に重要で、大工さんの腕のバラツキに左右されることが大きな問題となります。
当社スキルウッド工法は、このような問題を解決しました。
含水率12%以下のスキルウッド材は、大きな環境変化においても収縮がおきません。したがって金物との保持力の低下もおきません。

【日本の乾燥材生産量の現状】
「次世代省エネルギー基準」に「土台、大引き、梁、その他の構造材は、乾燥木材(含水率20%以下のものに限る)を使用すること」などとなっており、また住宅の基本性能を確保する気密性・断熱性の保持にも木材の乾燥が不可欠との認識が共有されてきています。
しかし、現在のところ日本で生産される製材品のうち、乾燥材の生産比率はわずか10%に満たないのが現状なのです。
したがって使用量も同じように10%前後しか使われていない事が、お分かり頂けると思います。

【構造材との比較】
年輪の密度と数を比較してください。
スキルウッド構造材は、多年生の生育材を使用し、間伐材などは使用しておりません。

含水率と強度の関係

木材強度のバラツキ

一般の無垢の木材は、JAS認定された木材も山から切出したままの木材も同じ木材として扱われていますが、木材の強度には大きなバラツキがあります。それをグラフで表すと下図のようになり、同じ種類の木材でも4倍以上のバラツキになります。
従って木材の管理がよほどしっかり行われなければ、建物その物の品質に大きなバラツキがおきるのです。

木材強度のバラツキ

木より強い「新 匠」のスキルウッド工法

スキルウッド工法は、強くて美しい積層構造材のスキルウッド材と高性能のYS断熱屋根通気パネル(吹付け硬質ウレタンフォーム)、それに耐震接合金物(HS金物)及びBS耐震基礎を基本としています。
従来の木造軸組工法(在来工法)と枠組工法(2×4、パネル)の長所を生かして開発した当社オリジナルの工法です。
スキルウッド構造材の強度はムク材の1.5倍(建築基準法構造計算認定)に匹敵しています。
吹付け硬質ウレタンフォームは、優れた断熱性と気密性、そして良質でフロンガスを使用しない、無公害な高級断熱材(アクアフォーム)を使用し、高断熱性能を可能にしました。
スキルウッド工法の何よりの魅力と独創性は、地震に強く丈夫で長持ちする健康住宅を追求し、「美しい極太梁」と「ゆとりある住空間」「高耐震性能」そして「高断熱性能」の家を可能にした事です。
10年保証はもちろん、安心な第三者機関の検査と10年保証及びオリジナル20年保証システムも完備しており、長期安心をお届けします。

木より強い「新 匠」のスキルウッド工法
  • 自由設計
  • 企画住宅
  • 建築家とつくる家