家づくりの流れ

このマークは、お客様に動いていただくところです。

計画(ご相談からご契約まで)

❶ 家を建てようと思ったキッカケ、思いをお聞かせ下さい!

予算を立てる
新居で楽しい生活をする為には、無理のない資金計画が大事です。
住宅ローンについてのお話しも含めご説明させて頂きます。
お話を聞いてファイナンシャルプランのご提案もさせて頂いております。
土地探し
資金計画から土地にかけられる予算を把握し、土地探しスタート!
場所・面積・学区・造成費用・・・トータルを把握して土地探しをします。
100%の土地はなかなか出会えることがないので、優先順位を決めて土地探しをしていきます。

❷ 敷地環境調査を行い、建物プランを検討します

敷地環境調査
建物プランには、その土地の法令規制などの調査が必要です。
依頼を受け、こちらにて土地の調査を行います。
土地の良いところ、気になるところなど調べてご報告させて頂きます。
建物プラン打ち合わせ
敷地環境調査をもとに、いよいよ建物のプランニングを行います。
理想の住まい方、生活動線、趣味、などなどお伺いし、間取りの相談をしていきます。
お伺いした情報よりお客様だけのオリジナルプランをご提案します。

❸ 住宅設備のショールームへご案内!

ショールームで確認
住宅設備のショールームへご案内。ご提案したプランを元に、キッチン・浴室・トイレなど仕様を決めていきます。

❹ プランの確定・ご契約

お見積り
建物の仕様の説明を行います。
建物費用の他に、造成費用、解体費用、登記費用などなど総額の割り出しもご提案します。また、工期やお支払いについての確認もさせて頂きます。
融資先の選定・事前審査
※ 融資についても融資先とのやり取りや、書類の打ち合わせなど、全面的にサポートいたします。
ご契約
プランや予算が決定したら、十分に確認を頂いたうえで契約金のお支払い工事請負契約書と設計監理契約書を結びます。
いよいよ実際の住宅建築がスタートします!
契約金のお支払い
※融資は、融資先や個人によって必要書類や家庭が異なります。必要書類や流れについても準備ご説明させて頂きます。

工事(工事からお引き渡し)

❶ 着工前に仕様の確認・スケジュールを確認

着工前打合せ
お客様・営業担当者・現場担当者にて、仕様の最終確認を行います。
設備関係や、建具、床材などの色決めなどもしていきます。
今後のスケジュールと工事内容の確認も行います。

❷ 「地鎮祭」と調査・申請を経て工事がはじまります

地鎮祭
土地に住む神様を祝い鎮め、工事の安全と、家の繁栄を祈願する昔ながらの儀式です。また、建物位置の確認とご近所さんへの挨拶を行います。
着工金のお支払い
地盤調査
決めた建物位置で軟弱地盤が隠れていないか調査を行います。
地盤改良が必要になった場合は、その地盤に合わせた処置を行います。
建築確認申請
建築に必要な申請書類などを作成し、建築物が建築基準法・条件等に適合しているか確認を受けます。
地域によっては工事届のみの場合もあります。

❸ 工事着工

基礎工事着工
建物の基礎を作っていきます。
配筋検査
第三社機関による建物基礎の検査を行います。
合格したら次のステップへ!
上棟式(建前)
安全祈願のお清めと棟上げのお祝いです。
初めの一本柱はお施主様に打ち込みをして頂きます。
手慣れた職人さんが安全第一に屋根まで作業を進めて行き、当日で建物の形が現れます。
中間検査
第三者機関による建物の「構造耐力上主要な部分」と「雨水の浸入を防止する部分」についてチェックします。
造作・内装・設備工事
スイッチやコンセントの位置と数、仕上げ材、クロス等の確認を行います。

❹ お家のお引き渡し

社内検査
社内の検査担当員が傷や汚れ、仕様の確認を行います。
お施主様完成確認
お施主様に図面と仕様の整合性と、気になる箇所などないか確認して頂きます。
お引き渡し式
検査に合格したらご相談の上、吉日にお引渡しさせて頂きます。
残金のお支払い(増減精算の上)
※登記関係の関係についてもお見積りから流れについてサポート致します。
  • 自由設計
  • 企画住宅
  • 建築家とつくる家